リンゴをまるごと。 やさしい味わいのシードル。

弘前市りんご公園内に醸造所を持つ、弘前シードル工房kimori。白い三角屋根のかわいらしい工房で、秋には赤いリンゴとのコントラストがきれいです。近くの小高い丘を登ると津軽平野を遠くまで見渡すこともできます。「こんな景色の中、みんなで集まってお酒を飲めたら最高だろうなぁ」という思いから、リンゴ畑の中にkimoriは作られました。

今回は、青森で見つけてきた選りすぐりのシードルをご紹介します。県内でも「kimoriさんのシードルはおいしいよ」と人気なんですよ。

kimoriを立ち上げたのは、代々続くリンゴ農家の長男に生まれた高橋さん。東京で映像の仕事をしていたところ、27歳の時にご家族が体調を壊して収穫を手伝うように。そこから、徐々に青森のリンゴ畑の景色の素晴らしさ、青森のリンゴ文化を残したいという思いが強くなっていったそうです。

「リンゴ農家が自分の畑でシードルを作って、作業の合間に飲むようなイメージで作っています。」と、笑顔で話す高橋さん。飲むと口当たりは優しく、リンゴの香りが口いっぱいに広がります。素朴で雑味のない味わいです。

作り方にもこだわりがあり、炭酸補填はなし。発酵時に作られる炭酸ガスをそのまま果汁に溶け込ませているだけだそう。また、無ろ過なのでリンゴの自然な味わいを楽しむことができます。

ドライとスイート。 料理とのマリアージュも楽しめます。

kimoriではレギュラーでドライとスイート2種類のシードルを用意しています。シードルって、いつどのタイミングで飲むの?という方には、乾杯のスパークリング代わりがオススメです。ドライに合うのは津軽の郷土料理であるニシンの切り込み。ほかにはしめサバやブルーチーズなど、少し癖があるものとマッチします。

スイートには豚肉がオススメ。ポークソテーなどにすると、豚の脂をさっと流してくれます。時期によっては季節限定のシードルや、リンゴの品種ごとのシードルなどもあります。にごりや瓶の底に澱ができるのもリンゴそのままの印です。ぜひ最後の一滴まで飲んでくださいね。

生産者 弘前シードル工房kimori

弘前シードル工房kimoriは、りんご畑の中にあるちいさな醸造所。若いりんご農家たちが、自ら育てたりんごを持ち寄り、シードルを造っています。
誰もが自由に訪れて、りんご畑でおしゃべりして、シードルを楽しめる。弘前シードル工房kimoriはそのための集いの場でありたいのです。

kimori シードル

青森県 弘前シードル工房kimori

8 〜 14 ポイント付与

856 ~ 1,487 (税込)

この商品は最短で8/28にお届けできます。

数量

商品詳細
■セット内容:【ドライ】375ml/750ml /【スイート】375ml/750ml
■原材料:
【ドライ】りんご(日本産)/酸化防止剤(亜硫酸塩)アルコール分:6%
【スイート】りんご(日本産)/酸化防止剤(亜硫酸塩) アルコール分:3%
■保存方法:直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。
■産地:青森県
ご確認いただきたい事
※ラッピング不可
※のし不可
※パッケージは予告なく変更する場合がございます

みんなの応援コメント

レビューはありません。

キャンペーン情報CAMPAIGN

  • メールマガジンガイド
  • 会員ガイド
  • インスタグラム
  • facebook

+郷土

旬の郷土料理やワールド・ワン店舗のメニュー、ご当地グルメなどをお取り寄せ・産地直送できる通販・イベントの総合サイトです。
日本全国でのイベントで地域活性化に取り組んでいます。