100%小豆島産。 国際基準のエキストラバージンオリーブオイル。

小豆島は香川県にある、瀬戸内海に浮かぶ島です。温暖な瀬戸内海式気候に恵まれ、みかんやオリーブなど果樹栽培がさかんです。
今回は小豆島で育てられたオリーブを100%使用したエキストラバージンオリーブオイルをご紹介します。青いバナナのような香りとジュースのようなフレッシュさ、甘さが感じられます。

オリーブの歴史は100年以上。 今では国際的に認められる品質に。

小豆島にオリーブが持ち込まれたのは1908年のこと。大正時代には圧搾できるだけの収穫があったそうです。最近では小豆島産のオリーブオイルは、世界オリーブオイルガイドブック「フロスオレイ」に掲載されるまでの品質になり、世界からも注目されています(フロスオレイは、オリーブオイルのミシュランガイドのような本で、掲載されることはとても名誉なことなのです)。高尾農園もフロスオレイに複数年にわたって掲載されています。

また、高尾農園では国際基準に沿った品質が大切なことと考え、毎年搾ったオリーブオイルをイタリアの正式な検査機関へ送り、国際基準のエキストラバージンオリーブオイルであることの認証を受けています。

高尾農園では樹を離れてからオリーブオイルになるまでのスピードを大切にしています。そのため収穫した実は、その日のうちに搾油することを基本として、遅くても翌日の午前中には搾油しています。ほぼ1人でオリーブ畑を管理し、生産量が少ないからこそできる製法でもあります。

まず香りの違いがすぐにわかります。青いバナナのような香りがしてとても爽やか、口に含むとジュースのようにフレッシュで甘いのです。オリーブオイルは鮮度でこんなにもかわるんだときっと驚くはずです。

高尾さんは「和食に合うオリーブオイルを作りたくてがんばってるんよ。」と言います。
温野菜やマグロ、カンブリのお刺身などにかけると、素材をいかしながらオイルも味わえるライトでやさしい仕上がりです。また、オイルをかけて食べた後、口に残らずそのまま食事をおいしく食べられるような口当たりを目指しているんだそうです。

日本の小豆島でていねいに作られた、和食のための食材をいかすオリーブオイルです。ぜひ今までにない味わいを体感してください。

生産者 高尾農園

オリーブ栽培に対する強い想いとともに2500本のオリーブの木を育てています。「高尾農園のオリーブ畑でとれたオリーブの実を一人でもたくさんの方々に食べていただきたい」それが高尾農園の夢です。

高尾農園 オリーブオイル

香川県 高尾農園

23 ポイント付与

2,484 (税込)

この商品は最短で8/28にお届けできます。

数量

商品詳細
■セット内容:64g
■原材料:国産エキストラバージンオリーブオイル( ミッション種100%)
■賞味期限:箱に記載
■保存方法:直射日光・高温をさけ涼しい場所で保存してください
■産地:香川県
ご確認いただきたい事
※オリーブオイルは温度によって白濁することがございますが品質には一切影響はございません
※ラッピング不可
※のし不可
※パッケージは予告なく変更する場合がございます

みんなの応援コメント

レビューはありません。

キャンペーン情報CAMPAIGN

  • メールマガジンガイド
  • 会員ガイド
  • インスタグラム
  • facebook

+郷土

旬の郷土料理やワールド・ワン店舗のメニュー、ご当地グルメなどをお取り寄せ・産地直送できる通販・イベントの総合サイトです。
日本全国でのイベントで地域活性化に取り組んでいます。