[10/26大阪]第4回 蔵人と飲むみんなの地酒倶楽部~高知県三原村どぶろく編~

高知県三原村は、昔からおいしい米の獲れる土地として名が知られています。ここは昔、その米を発酵させて濁酒(どぶろく) を造っていました。どこの家でも自分の田の米を使い、当たり前のように造っていたそうです。
明治32年、酒造業の免許鑑札者以外は醸造を禁じられてからはその味は幻となりました。しかし平成16年に三原村が酒税法特例の「どぶろく特区」が認定されたのを機に復活。現在は7軒の農家が「三原米」を使用した「どぶろく」を造っています。

今回の蔵人:土佐三原どぶろく合同会社 今西 美穂 氏、東 久美 氏

どぶろくは、日本酒と同じく米麹(こうじ)、蒸米、水で仕込むお酒。発酵してできた「もろみ」をろ過することなくそのまま飲むのが特徴。健康に良いとされる米麹、酵母がそのまま入っている生酒です。
今回のイベントでは、土佐三原どぶろく合同会社からどぶろくを製造されているお2人をお招きして、実際の作業工程やこだわり、どぶろくの特徴や効果などを楽しくお話していただきます。同じお米、同じ製造方法でも7蔵それぞれ味が違います。
三原村産の食材を使った特別メニューと一緒に愉しむ、どぶろく飲み比べのイベント。大阪(土佐清水ワールドお初天神店)で開催します。
参加者全員に三原村の粗品をプレゼントをご用意しています。

利き酒イベント詳細

【10/26開催:土佐清水ワールドお初天神店】
日時:10月26日(土)午後3時~午後4時30分
場所:土佐清水ワールドお初天神店
料金:4,500円(税別)
内容:三原村や高知県の食材を使った料理、どぶろくの飲み比べ
募集人数:20名(先着)
申込み〆切:10月23日

今回のイベントでお楽しみいただく高知県三原村のどぶろく(7蔵)

1.椿姫の伝説(代表者:今西 美穂)
2.商品名:元代(代表者:斉藤 元紀)
3.富き(代表者:池本 公二)
4.川平郷(代表者:津野 寿美子)
5.源流(代表者:宮川 園子)
6.桂(代表者:森本 文)
7.こぼれ雪(代表者:東 慶祐)

【同時開催】10月・11月は高知県三原村フェア

土佐清水ワールドでは、10月11月の2ヶ月間、三原村食材を使った特別メニューをご提供します。
フェア開催店舗
神戸:土佐清水ワールド生田新道店、土佐清水ワールド雲井通店、土佐清水ワールド磯上店、土佐清水ワールド中央通店
大阪:土佐清水ワールド梅田お初天神店、土佐清水ワールド梅田ギャザ阪急店
東京:土佐清水ワールド上野店、土佐清水ワールド新橋店
各店舗詳細はこちら

【フェアメニュー】
・宮川さんちの豆腐のニラまみれ湯豆腐
・三原村きくらげと市川さんちのニラ玉(宗田節風味)
・やまびこししとうの藁焼きニラ味噌和え ほか

【フェアドリンク】
どぶろくサワー
超!三原村ゆずサワー
三原トマトサワー ほか

店舗情報 土佐清水ワールド

高知県土佐清水から旬の食材を直送!アンテナショップとしての利用もでき、特産品や加工品の購入も。巨大な藁の炎で焼きあげる名物かつおの藁焼き塩たたき。藁の香ばしさに土佐の地酒、焼酎がよく合います。

イベントスケジュール・詳細
【10/26開催:土佐清水ワールドお初天神店】
日時:10月26日(土)午後3時~午後4時30分
場所:土佐清水ワールドお初天神店
料金:4,500円(税別)
内容:三原村や高知県の食材を使った料理、どぶろくの飲み比べ
募集人数:20名(先着)
申込み〆切:10月23日
アクセス
10/26開催 土佐清水ワールドお初天神店
050-5350-6849
〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-8-7 コーストスタジョーネビル1階
ご確認いただきたい事
※お子様の同伴はご遠慮くださいませ。
※やむをえずキャンセルされる場合は前日17時までに、メールまたは電話にてご連絡をお願いいたします。
info@plus-kyodo.com
土佐清水ワールドお初天神店 06-6312-1034
※当日のキャンセルはキャンセル料を頂戴いたします。予めご了承くださいませ。

みんなの応援コメント

レビューはありません。

キャンペーン情報CAMPAIGN

  • メールマガジンガイド
  • 会員ガイド
  • インスタグラム
  • facebook

+郷土

旬の郷土料理やワールド・ワン店舗のメニュー、ご当地グルメなどをお取り寄せ・産地直送できる通販・イベントの総合サイトです。
日本全国でのイベントで地域活性化に取り組んでいます。